『妥協せずに請求』といっても、それが難しい場合があります。もちろん、私達が被害を受けた側と仮定して、その意見が全て通れば良いですが、そうも行かない場合があるので、私達は弁護士などに頼る必要があるのです。例えば、浮気や不倫、そして離婚に発展する問題の際は、そもそも『浮気の場合は〇〇万円』とか、『離婚に至ったら〇〇万円』というような明確な基準がありません。

私達が分かるのは、実際にそういったケースがあった際に、どのくらいの金額が支払われるのか、という目安だけです。相対的にそれらの金額を判断しなければなりませんから、その難しさがあります。浮気や不倫、そして離婚等に関するトラブルの場合、様々なことが金額を決める上で基準となり、どのくらいの期間にわたってそれが行われていたか、配偶者との結婚年数はどのくらいか、浮気、不倫をされた側にも、問題はないか、相手が妊娠しているかどうかや、言ってしまえば浮気した側がどのくらい反省しているか、という点も考慮に入れられます。

ということは、こちら側が希望している金額が全て適用されるのではなく、総合的な判断のもと決められますから、その点でブレがあるのも確かです。これは、交通事故の場合も同様なのでしょうか。