交通事故においてどのような被害を受けるかという点はその場合によって異なります。ただし、その被害の大きさ等にかかわらず、その交通事故によって、より深刻な被害を受ける場合、肉体的、または精神的な被害を受けた場合において、慰謝料を請求することができます。交通事故において被害者は、その事故で大怪我などを負った場合に関して治療費等の賠償金を請求しますが、そのほかに、慰謝料を請求します。また、事故によって後遺障害を負った場合も、その等級が認められれば賠償金が上がります。

実際に、この慰謝料請求に関しては、弁護士を立てなくても請求を行うことが出来ます。しかし過去のどのような案件でも分かるように、弁護士を立てた方が、確実に本来受け取るべき賠償金を受け取ることができます。実際に弁護士を立てたときと立てない時では請求できた金額に大きな差がある、ということがありました。

もちろん、弁護士に依頼するという面ではそれだけで費用が発生しますが、弁護士を立てずに行った時の損失を考えると、交通事故において慰謝料の請求を行う際は、受け取るはずのものをきちんと受け取りたいと思う場合には特に、弁護士に相談した方が良い結果を得られるでしょう。