経験豊富な弁護士に依頼

私達が思いつく上での、個人的な弁護士の知り合いというのはいないかもしれませんが、それでも全国に事務所を持つ弁護士がたくさんおり、それぞれがその業務を行っています。私達は慰謝料等に関して弁護士に相談することができるという点について知りましたが、次に大切なのが、そもそも『誰に相談すれば良いのか』という点です。

弁護士が多くいる分、優秀と言える弁護士を探すのは簡単ではありません。何をもって優秀なのか、という点も疑問ですが、私達は弁護士選びをするとき、交通事故のことについて相談するならば、今まで交通事故を扱ったことが多い弁護士に相談するでしょう。その分野において、経験豊富な弁護士に依頼したいと思うのが普通です。

法的なトラブルは日常的に起こるようなことではありません。しかし、本当は些細な小競り合いであったのに、それがだんだんとことを大きくして、最後には裁判沙汰にまで発展するということがあります。私達はそのような難しい状況に陥る前に、トラブルに関して今後の対応をどのようにすれば良いのか、ということを弁護士に相談することができますし、正式に依頼することでより良い結果を期待することが出来ます。

慰謝料を引き上げるために

交通事故においてどのような被害を受けるかという点はその場合によって異なります。ただし、その被害の大きさ等にかかわらず、その交通事故によって、より深刻な被害を受ける場合、肉体的、または精神的な被害を受けた場合において、慰謝料を請求することができます。交通事故において被害者は、その事故で大怪我などを負った場合に関して治療費等の賠償金を請求しますが、そのほかに、慰謝料を請求します。また、事故によって後遺障害を負った場合も、その等級が認められれば賠償金が上がります。

実際に、この慰謝料請求に関しては、弁護士を立てなくても請求を行うことが出来ます。しかし過去のどのような案件でも分かるように、弁護士を立てた方が、確実に本来受け取るべき賠償金を受け取ることができます。実際に弁護士を立てたときと立てない時では請求できた金額に大きな差がある、ということがありました。

もちろん、弁護士に依頼するという面ではそれだけで費用が発生しますが、弁護士を立てずに行った時の損失を考えると、交通事故において慰謝料の請求を行う際は、受け取るはずのものをきちんと受け取りたいと思う場合には特に、弁護士に相談した方が良い結果を得られるでしょう。

交通事故での慰謝料

『妥協せずに請求』といっても、それが難しい場合があります。もちろん、私達が被害を受けた側と仮定して、その意見が全て通れば良いですが、そうも行かない場合があるので、私達は弁護士などに頼る必要があるのです。例えば、浮気や不倫、そして離婚に発展する問題の際は、そもそも『浮気の場合は〇〇万円』とか、『離婚に至ったら〇〇万円』というような明確な基準がありません。

私達が分かるのは、実際にそういったケースがあった際に、どのくらいの金額が支払われるのか、という目安だけです。相対的にそれらの金額を判断しなければなりませんから、その難しさがあります。浮気や不倫、そして離婚等に関するトラブルの場合、様々なことが金額を決める上で基準となり、どのくらいの期間にわたってそれが行われていたか、配偶者との結婚年数はどのくらいか、浮気、不倫をされた側にも、問題はないか、相手が妊娠しているかどうかや、言ってしまえば浮気した側がどのくらい反省しているか、という点も考慮に入れられます。

ということは、こちら側が希望している金額が全て適用されるのではなく、総合的な判断のもと決められますから、その点でブレがあるのも確かです。これは、交通事故の場合も同様なのでしょうか。

「慰謝料」の意味合い

良く法律番組などを見られるという方がおられるかもしれませんが、そういった番組では、特定のワードが、良く取り上げられることがあります。例えば浮気、離婚問題では、よくそのワードを耳にすることがあります。そのワードとは、一体何でしょうか。そうです、『慰謝料』です。法律上の様々なトラブルには、この言葉が非常に多くついて回ります。なんとなくイメージとしては、被害者に対して加害者側が支払う賠償金のようなもの、という感じかもしれませんが、その通りで加害者より被害者が受けた肉体面、または精神面での被害に対して、相応の賠償をされる権利のことです。

この慰謝料は、その通り肉体面、そして精神面で受けた被害の際に適用されますから、非常に多くの場合に用いられるようになっています。そういった被害を今までに経験されたことがある方もおられるかもしれませんが、この慰謝料の請求に関しては、何点か難しい場合があります。まず、本来貰えるべきはずの慰謝料が全額貰えないということ、これに関しては本人も気付かないうちに終わってしまっている場合があります。

また、話し合いなどによって解決してしまい、そもそも慰謝料を請求することができない、という場合もあります。そういった泣き寝入りのような状態になってしまう危険性も、事例によってはあります。受けた相応の被害に対して相応の賠償が行われる必要がありますから、その点で私たちは妥協せずに請求することが必要であると言えます。